×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画入門



住宅ローンの資金計画入門


住宅ローンの資金計画入門は、マイホームを取得する際に住宅ローンの利用を考えている方々がよりよい資金計画が立てられるよう支援するサイトです。住宅ローンの資金計画に関する情報をQ&A形式でわかりやすく解説しています。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。

スポンサードリンク
住宅ローンの資金計画
頭金を上手く貯めるには?
親から借金するときの注意点は?
物件購入から融資実行までの流れは?
住宅ローンはいつ借りたらよいか?
本人確認書類・収入証明とは?
親から頭金を借りるときの注意点は?
親から借金するときの借用書の作成方法は?
住宅ローンの申込書類とは?
毎月の返済額の目安は?
住宅ローンの相談に必要な書類は?
住宅ローンの基礎知識
金利優遇キャンペーンの注意点は?
SBIモーゲージとは?
金利ミックス型とは?
パワースマート住宅ローンとは?
しんきんGOOD住まいリングの融資条件は?
主な金融機関の金利優遇キャンペーンは?
SBIモーゲージの借り換えの融資条件は?
自由設計型とは?
信用金庫の住宅ローンは?
JAあんしん計画とは?

妻の収入はいくらまで合算できる?
安心度の高いキャンペーン金利は?
一部繰り上げ返済で利息は減りますか?
住民税の住宅ローン減額措置とは?
自己資金は購入価格の30%の理由は?
金利0.1%で総返済額はどのくらい変わる?
返済期間を35年から25年にしたら?
10年と15年、有利な住宅ローン控除は?
安心して購入できる住宅価格は?
ボーナス時増額返済の危険性は?

ボーナス払いの割合は?
親子リレー返済の活用とは?
固定金利型と変動金利型の違いは?
有利な金利タイプを選択するには?
銀行の住宅ローンの金利は?
ステップ返済の活用とは?
返済途中での返済方法の変更
固定金利選択型のいろいろ
短期プライムレートと長期プライムレートとは?
繰り上げ返済はローン負担を軽くする?
不動産用語の基礎知識
険悪施設とは?
現況有姿分譲地とは?
建築物とは?
建築面積とは?
権利金とは?
原価法とは?
健康住宅とは?
建築物の高さ制限とは?
建ぺい率とは?
投資法人制度の行為準則とは?

シックハウス症候群とは?
実務講習の実施は?
指定保険機関とは?
私道負担とは?
司法書士とは?
実務講習とは?
指定住宅性能評価機関とは?
私道とは?
私道負担の説明義務とは?
司法書士の資格は?

先行登記とは?
専任媒介契約とは?
相続とは?
相続財産の評価とは?
相続税とは?
専属専任媒介契約とは?
専任媒介契約の義務は?
法定相続分とは?
土地等の相続財産の評価は?
底地とは?

手数料とは?
デッドスペースとは?
テリトリー制とは?
電車・バス等の所要時間とは?
電ビラとは?
手数料配分とは?
テラスとは?
テリトリー制のメリットは?
電蝕(でんしょく)とは?
投資証券とは?

農業振興地域の整備に関する法律とは?
農地法とは?
パートナーシップ制度とは?
配当利回りとは?
はがれとは?
農地等の権利移動の制限とは?
ノンリコースローンとは?
配当落ちとは?
不動産投資信託の配当利回りは?
肌分かれとは?

宅建業法の報告・検査とは?
法人の種類は?
法定代理人とは?
法令に基づく制限とは?
ホームビルダーとは?
法人とは?
法定講習とは?
法定代理人と任意代理人の違いは?
ポートフォリオマネジャーとは?
ボラティリティとは?
住宅ローン便利サイトT
住宅ローン控除入門その1
住宅ローン控除入門その2
住宅ローン控除入門その3
住宅ローン控除情報館その1
住宅ローン控除情報館その2
住宅ローン控除情報館その3
住宅ローン控除情報ナビその1
住宅ローン控除情報ナビその2
フラット35早分かりガイド!
住宅ローン控除情報ナビその3
住宅ローン便利サイトU
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
不動産の法律ガイド
新着トピックス
毎月の返済額の目安はどのように決めたらよいのでしょうか?
基本的に毎月の返済額というのは、長期の安定した返済を継続させるものでなければなりません。なので、まずは現在の家賃を基準にして考えるようにします。現在、社宅等に住んでいるという場合には...

なお、一般的には次の算式のように考えます。ただし、ボーナスについては、繰上返済や将来の貯蓄などの余裕資金と考えます。

では、理想的な毎月の返済額というのはどのようなものですか?
理想的な毎月の返済額というのは、ライフプランの変化も考慮したゆとりのある返済額です。一般的には、年間返済額が年収の20%以内というのが理想とされています。

これは、マイホーム購入後の車の買換え、子供の教育費、結婚資金、老後資金など、当初かからなかった資金が必要になることが予想されるから...特に、共働きの夫婦で現在は子供がいない場合には、出産やそれに伴う妻の退職などによって大きくキャッシュフローが変化することが予想...

住宅ローンを利用する際に必要になる書類はどのようなものがありますか?
住宅ローンを利用する際に必要な書類としては、登記簿謄本、売買契約書、収入を証明する書類、資金の使途を確認する書類、物件の所在地や詳細を確認するものなどがあります...なお、金融機関によっては、同じ手続きでも必要書類が異なる場合があります。たとえば原本でなければダメだったりコピーでも可能だったり…。なので、事前に確認するようにしてください。

登記簿謄本はどこで入手するのですか?
登記簿謄本は、物件の所在や権利などの詳細を確認するために必要になります。この登記簿謄本は物件の所在地の登記所で手に入れられますが...なお、平成18年4月からはオンライン登記所でインターネットにより情報を入手することもできます。

収入を証明する書類とはどのような書類ですか?
これは返済能力を確認するための書類です。まず、サラリーマンの収入を証明する書類は、源泉徴収票と市区町村が発行する所得証明書になります。所得証明書というのは、一般的には...

次に、確定申告者の収入を証明する書類は、納税証明書、確定申告書、その付表になります。この場合、確定申告書とともに税金の納付額と所得金額が記載されている部分の提出が必要です...
免責
住宅ローンの資金計画入門で提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画入門 All Rights Reserved